右手を胸にあて左手は顎を触っている女性

風俗求人を見てたくさんの女性が、お店の面接を受けています。

しかし、風俗と言っても必ずしも採用されるとは限りません。お店としても稼ぎにつながる女性を入店させたいと考えているのです。

面接ではいくつもの気をつけること

風俗の面接もやっぱり厳しいものです。高級デリヘルなどのような興行店になると、見た目はもちろん礼儀正しさや敬語までと企業の面接さながらです。

大衆店ならそこまではいきませんが、チェックはそれなりにします。まずは、時間をしっかり守れるかです。面接の時間に遅れてくると、普段の仕事でも時間守れるか不安になってきます。

そして、実際に会ったときの挨拶やお話をしてみての態度です。風俗では、エッチなサービスがメインですが、挨拶や会話なども大切ということを忘れてはいけません。

しっかりできないと、女の子にもお客さんはつかないだろうし、お店としてもクレームなどトラブルに巻き込まれかねません。

理由は必ず聞かれる


やはり、なぜ風俗で働くのかという理由は必ず聞かれます。その時にはただお金が稼げそうとか楽してというような理由は止めましょう。

そういう女性は続かないというケースも多いとお店は分かっているので採用したがりません。今だと就職がなかなか出来ないので、風俗で生活費を貯めたいというものや家族の生活費のためにという理由が好感触を与えられます。

学費や目標のためというのも良いでしょう。時にはいくらくらい必要かと聞かれるので、答えられるようにしておきましょう。

借金があるからという理由もいいですが、あまり印象はよくないので控えたほうがいいかもしれません。生活のためだと長く続けたいとアピールすると、お店も長くいる女の子を採用したくなるのです。

面接に通るためにも、理由は多少誤魔化してもいいでしょう。その代わりに入店したら、一生懸命頑張ってお店にも貢献してあげましょう。